6弁花の花モチーフをビーズで編んでいく

「6弁花の花モチーフ」も、平編みと同じように8の字編みの応用形です。


まず、花びらになるビーズと、丸小ビーズを交互に3個ずつ通し、花びらになるビーズで交叉させます。

あとは、花芯側に丸小1個、花弁側に丸小・花びらのビーズ・丸小の、計3個を通しては、花びらのビーズ1個を通し、テグスを交叉させます。

花弁側のビーズの方が、花芯側より数が多いので、自然と円形に形がととのっていきます。

↓ちょっと見づらいかもしれませんが、左右のテグスはこんなふうに交叉しています。花芯側は、黄色い丸小ビーズを使っています。

6弁花の花モチーフ・図解

最後は、花弁側でテグスを交叉させ、花モチーフを完成させます。

↓丸いパールとブロンズパールで、きれいな6弁花ができました!

6弁花の花モチーフ・完成図

これは6弁花の例ですが、花びらを5枚にしたり、ウラ側も同じモチーフで編んで、立体的にしたりと、花モチーフもいろいろ応用できる編み方です。

また、同じ6弁花でも、ビーズの色・素材・形・大きさを変えるとがらりと雰囲気が変わりますよ!


★★「6弁花の花モチーフ」で、こんな作品ができました★★

スワロと、透明の丸小ビーズを使い、リングを作りました。
スッキリしたデザインで、出番の多いリングです。
6弁花の花モチーフ・リング

[an error occurred while processing this directive]