花編みとは

「花編み」は、以下のようにして作ります。

テグスにビーズをいくつか通したあと、最初に通したビーズにもう一度通し、輪にする。

花編み画像-1

いくつか小さな輪を作っていき、さいごに先頭の輪とつなげて、大きな1つの輪にする。 ↓ちょっと見づらいかもしれませんが、テグスはこんな感じでつながっています。

花編み画像-2
小さな輪の部分が、花びらのように見えるため「花編み」の名があります。

花編み画像-3

「交差編み」は、両手でテグスの両端をもち、左右から同時に編んでいきますが「花編み」は、片側をテープなどで止め、1本のテグスだけで編んでいきます。


花編みをきれいに仕上げるコツは、以下のようなものです。


★★「花編み」で、こんな作品ができました★★

花編みで天然石をくるむようなモチーフにし、同じモチーフを3つ作ってつなげ、チョーカーにしました。(デザイン:静哉)

花編み画像-4
[an error occurred while processing this directive]