天然石、合成石

天然石や合成石はビーズではありませんが、ビーズのアクセサリーに欠かせない素材の1つです。


ビーズ屋さんの天然石売場には、よく「半貴石」と書かれています。
「半貴石(セミ・プレシャス・ストーン)」とは、「貴石」以外の宝石すべてのものをさします。

貴石とは、4大宝石と呼ばれるダイヤ・サファイア・エメラルド・ルビーです(貴石の基準は、これ以外にも諸説あります)。

カボションタイプ

「カボション」とは、じつは「はげ頭」のこと。
その名のとおり、カットが施されていない、つるんとした平べったい円形や、楕円形の石をさします。

シードビーズでフレーミングしたり、台座にはめこんだりして使います。

↓右上の緑色の石から時計回りに、ジャスパー(合成)、アマゾナイト、ターコイズ、ブルーレース(しずく形)、ローズクオーツ、キャッツアイのオーバル水色・紫。

カボションいろいろ

ラウンドタイプ

丸く加工され、使いやすいタイプの天然石です。

↓上の真紅の石から時計回りに、赤めのう、ロードナイト、ソーダライト、アマゾナイト(天河石)、ニュージェイド、中央はクラッククオーツ。

天然石いろいろ

天然石は、自然のものだけに、石によってずいぶん色目が違います。

それが天然石ならではの魅力でもあるんですが・・

天然石をいくつも使ったアクセサリーを作る時は、なるべく色目の近いものを選んで買う必要があります。

↓上2つは、ソーダライト。下2つは、ロードナイト。おなじ種類の石なのに、こんなにも色目が違うんですよ!

天然石の色目の違い
[an error occurred while processing this directive]