平ペンチ、丸ペンチ

曲げたり、つかんだりする専門工具として代表的なものに、平ペンチ(平やっとこ と呼ばれることもあります)、丸ペンチ(丸やっとこ)があります。

ビーズ細工を始めるなら、まっ先に購入したい工具の1つです。柄の部分にバネ・ワイヤーが入ったものを選ぶと、力加減がしやすいです。

平ペンチ(平やっとこ)

先が平べったくなっているため、この名前があります。アクセサリーの仕上げには、欠かせない工具です。

コネクター部分を作る時、Cカン・丸カンのような細かいパーツを開く時、「かしめる」(閉じる)時、つぶし玉を「つぶす」時など、用途はさまざま。

先端の長さ・幅など、いろいろな種類のものがあります。

先端が長めのものは、細かいものをつかむのに向きます。

平ペンチ#1

先端が短めのものは、力を入れてつかむ・つぶすのに向きます。

平ペンチ#2

比べてみると、こんなに幅が違います。いろいろ試してみて、自分に合うものを探しましょう。

平ペンチ・先端

平ペンチが2本あると、両手に1本ずつ持って、Cカン・丸カンを開閉するなどの作業ができて、便利ですよ!


丸ペンチ(丸やっとこ)

先が丸く、細いので、平ペンチよりさらに細かい作業向きです。

とくに、9ピン・Tピンの先を丸める・曲げる時に、欠かせない工具です。

先端にザラついた加工がされているものが、パーツが滑らず、扱いやすいです。


丸ペンチは、先端の長さ・幅などに、いろいろ種類があります。

丸ペンチ#1
丸ペンチ#2

比べてみると、こんなに先端の長さ・幅が違うんですよ!

丸ペンチ・先端

基本的に、先端の長細いものは、より細かい作業向き。短めで太いものは、力を入れたい作業向きです。


丸ペンチは、自分の手に合うかどうかの個人差が大きい工具です。いろいろ試してみて、使いやすいものを探しましょう。

ラジオペンチ

ラジオペンチは、丸ペンチの先をさらに長く伸ばしたような、はさみのような形をしたペンチです。

ラジオペンチには、先端に滑り止めのミゾがあったり、ニッパーのように「切る」機能までそなえたものがあります。

慣れない人が使うと、この機能のためにパーツを傷つけてしまったりするので、初心者向きではありません。

丸ペンチ・平ペンチさえあれば、ラジオペンチは特に必要ないでしょう。