ビーズアクセサリーに必要な道具・工具

ビーズ専門店や、手芸屋さんに行くと、材料や道具がたくさん並んでいて、どれを買えばいいのか迷ってしまいますね。

ビーズアクセサリーを作るのに、どうしても必要なまずそろえたい材料・道具とは、どんなものなのでしょうか?


ビーズ・テグス

まず、ぜったいに必要な材料は、もちろんビーズとテグスです。

ビーズ
スワロフスキー、チェコビーズなど、種類はいろいろあります
テグス
よく使うのは2~3号。数字が大きくなるほど太くなります

ビーズやテグス以外に、アクセサリー作りに欠かせない金具類も、お忘れなく。こうしたビーズ作り専用の金具類は、「パーツ」と呼ばれています。

パーツには、以下のようなものがあります。

9の字ピン・T字ピン
ビーズを通し、先を丸めてつなぐための金具です。
↓9の字ピンは、「9ピン」とも呼ばれ、数字の9に似た形です。ビーズを通して先を丸め、次々につないでいく時に使います。
T字ピンは、「Tピン」とも呼ばれ、アルファベットのTに似た形です。ビーズを通して先を丸め、これ1つだけでチェーンなどにつなぐ時に使います。
9ピン・Tピン

丸カン・Cカン

パーツ同士をつなぐための金具です。

丸カン・Cカンは、9ピン・Tピンとチェーンをつないだり、留め金とチェーンをつないだりする時に使われます。

↓丸カンは、もっともよく使われる金具で、丸い形です。Cカンは、楕円形なので「小判カン」とも呼ばれます。

丸カン・Cカン

その他の金具

上で挙げたほか、次のようなものもあります。

留め金部分に使う金具
引き輪・アジャスター・板カン・ダルマカン等
紐・テグスの端を処理する金具
ダルマチップ・カシメ等

どんな材料をそろえればよいか判らない場合には、【生涯学習のユーキャン】ビーズアクセサリ入門講座がおすすめです。

必要な材料と、作り方、解説書すべてがセットになっているものですので、初心者の人も、ビーズアクセサリーを作るための一セットの材料を簡単に揃えることができますよ。

ビーズアクセサリづくりに欠かせない基本的道具類

そして、材料といっしょに買っておくべきなのは、基本的道具類。ビーズ作りに欠かせない、ぜひそろえたい道具は、以下のものです。


  • 平ペンチ(パーツをつかむための道具)
  • 丸ペンチ(パーツを曲げる・丸める道具)
  • ニッパー(パーツを切る道具)
    ※上の3つの道具を1セットにした「3点セット」もあります。
  • 指カン(9ピン・Tピンを開く/閉じる道具)
  • はさみ・ ツメ切り(テグスを切る道具)
  • さらに、どうしても必要ではありませんがあれば便利な道具は、以下のものです。

    • ピンセット・毛抜き(テグスにビーズを通すのに便利)
    • 目打ち(ビーズの穴の詰まりを通したり、テグスの結び目をずらす道具)
    • ビーズトレイ(ビーズを乗せて作業すると、転がりにくい)

    これだけそろえれば、今日からさっそくあなたもビーズのアクセサリーを作り始められますよ!

    [an error occurred while processing this directive]