ビーズの表面加工の略称を知ろう

ビーズを買うと、パッケージの色名に「クリスタルAB」などと表記されていて、「?」と思ったことはありませんか?

じつはこれ、ビーズの表面加工の方法をあらわしています。
おもな表面加工の略称を、以下にまとめました。

加工された面のこと。1Xは反面のみ、2Xは全面加工
※ 「1XAB」「2XAB」のように表記される
AB(オーロラ)
虹のように7色に輝くよう、加工されたもの
WC(ダブルコート)
2色のグラデーションになるよう、加工されたもの
OP(オパール)、WO(ホワイトオパール)
オパールのように、半透明で乳白色に加工されたもの
↓左が、スワロの「バイオレットOP」、右が「WO」
ホワイトオパール、バイオレットオパール
F(消)、M(マット)
すりガラスのように研磨され、ザラッとしたツヤ消加工のもの
↓チェコビーズの「クリスタルM」
つや消し加工
BL、GL、SL(ブロンズライン、ゴールドライン、シルバーライン)
クリスタルのチェコビーズの穴の内側が、金・銀・銅などで彩色され、透明なため、中の色がライン状に透けて見えるもの。
↓左がチェコビーズの「クリスタルBL」、右が「クリスタルSL」
チェコFPのBL・SL
キャル
銀色に輝くよう、加工されたもの
VA(バレンチニット)
黒っぽく輝くよう、加工されたもの
サテン
灰色がかった感じに輝くよう、加工されたもの
ラスター
白っぽく輝くよう、加工されたもの
[an error occurred while processing this directive]