ニッパー

ビーズアクセサリを作っていくうえでは、9ピン・Tピン、チェーン、ワイヤなどの金属でできている物を切る作業がよくでてきます。

そんなときに必要になるのがニッパーくい切りです。

ニッパー

ニッパーは、なるべく先端の細いものを選ぶと、扱いやすいです。

先端の形・長さなどに、いろいろな種類のものがあります。

ニッパー#1
ニッパー#2

刃の部分が幅広の方が、安定感はありますが、そのぶん全体が重くなります。
いろいろためしてみて、自分の好みに合うものを選びましょう。

ニッパー・先端

ニッパーの使い方は、先端ではなく、なるべく奥の部分ではさむのがコツ。パーツがグラつかず安定するので、力が入れやすく、スパッと切れます。

なお、ニッパーは金属を切るのに使うため、刃こぼれは避けられません。「ニッパーは消耗品」と心得て、切れ味が落ちたら、新しいものに換えましょう。

くい切り

くい切りは、刃先が釘抜きのように、丸く湾曲した形をしています。

ふつうのニッパーは、太いワイヤ・チェーン、硬い鋼のピアノ線などを切断するのには向きませんので、くい切りを使います(太い・硬いものをふつうのニッパーで無理に切ると、刃先をいためるので要注意!)

初心者には、ニッパーがあれば充分です。くい切りは、必要に応じて買いそろえましょう。