シードビーズ

シード(seed)とは、「植物の種」のこと。

シードビーズは、その名のとおり、種のように細かいビーズです。むかしからビーズといえば、このシードビーズが、もっとも一般的です。


日本では、その大きさにより、「極小・丸小・丸大」と呼び分けられています。

もっとも一般的なものは、「丸小」ビーズです。シードビーズの大きさを、1円玉と比較してみました。

↓左から極小/丸小/丸大です。

シードビーズ・大きさ比較

シードビーズは細かいので、バラ入り、糸に通した形の袋入り、容器もケースや、試験管のようなビン入りなど、さまざまな形で売られています。

シードビーズはいろんな形で売られている

ほんの少しだけ色を試したい場合は、小さいケースを買い、よく使う色は、まとめて大袋を買うなどするとよいでしょう。

ちなみに、中央はもっともよく見かける袋入りで、7~10g入が標準。左に見える大袋は50g入りで、40%ほど割安になります!


★★こんな作品ができました★★

シードビーズだけでも、こんなに素敵なモチーフができるんですよ!

↓外国のコインを、シルバーの丸小でくるみ、お花のモチーフにしました。

シードビーズの作品
[an error occurred while processing this directive]